今日のいいともニュース
2000年7月25日(火)
今日の出演者タモリ、中居正広、久本雅美、安達祐実、おさる
榎本加奈子、山崎邦正、古瀬彩、ジェニー・ガース
ガレッジセール、バラモン、T3、内田恭子

テレフォンショッキング
ゲストは榎本加奈子さん 昨日 新山千春さん明日 岩城滉一さん
宣伝・本 「ここ。そこ。あそこ」 花束・多数(下記)
電報・
おみやげ・フルーツ、本、ひまわりの種他

花束は高橋克典さん、池内博之さん、三宅健さん、山口紗弥加さん
佐々木主浩さん(シアトルマリナーズ)さんなどから届いていました

「(歓声)」観客
「よろしくお願いします。
(海外から帰国中のため電話に出らなかったので)昨日お電話すいませんでしたね」
(いえいえいえ)
「申し訳ございません。
昨日ロスから帰ってきてこれお土産(フルーツと野菜の詰め合わせ)なんですけど、凄いんですよこれ! 見てください!こんなつぶれてるんですよ桃が」
(え〜)
「で、これアンティーチョークで、これブロッコリー、こんな小さいんですよ。 これちょっと汚いみたいですけど、」
(何ですかそれ?)
「これアボカドです。凄いんですよ」
(これ変わった果物、野菜)
「そうなんです。もしよかったら食べてください」
(これ、こんなちっちゃなパイナップルあるの?)
「もっと小っちゃいのあるんですけどそれは食べれないんですけど、これ食べれるんですよ」
(まん丸じゃん)
「そうなんですよ」
(別にロスからのお土産じゃないんです、これ)
「ロスのスーパーで買ってきました」
(わざわざ)
「そうです〜」
(ありがとうございます)

「あとですね、」
(まずポスターから行きますか)
「はいすいません」
(何でございましょうこれは?)
「あの、もう何年も前に出たんですけど(笑)、「ここ。そこ。あそこ」ていう本」
(「ここ。そこ。あそこ」?)
「はい、エッセイ集みたいなんですけど、書いてますんでもし、」
(英語で言うと「・・」違うか?違いますね)
「(笑)本なんでもし良かったら読んでください」
(好評発売中ですね)
「はい。宣伝する物無いんでこれしか無かったんですね」

「あと、これいいですよ。皆さん暑いですよね。ウィ〜ンてしながら風が来るんですよ飴食べながら」
小型ファン付きの飴でした
「(笑)」観客
(ここで風が来るの(笑)これ飴無くなったらどうするの?)
「付け替えてください」
(飴付け替える?)
「はい。電池無くなったら電池入れ替えてください。
あとこれヒマワリの種です。バーベキュー味とかチーズ味」
(あ、ヒマワリの種ね)
「そうなんですよ」
(バーベキュー味とかあるの?全部ロスから?)
「そうですよロス」

「どうもよろしくお願いします」
(おかけ下さいませ)
「はい、ありがとうございます」
花束紹介で
(シアトルマリナーズの佐々木さん)
「あの、たまたまロスでお会いしてナンパされたんですよ、うちのママが」
(ママが?)
「はい。それで試合見に行かしていただいたりとかして」
(そうなの?)
「それでみんなこれ見てる時に、(ヒマワリの種を)こう食べてペッぺペッぺ吐いてるんです」
(向こうじゃ当たり前のやつなんだ)
「そうなんです」
(山口紗弥加とか来てますよ)
「おバカちゃんですね(笑)」

「でも佐々木さんはホントおかしい人でしたよ」
(え?)
「お酒ず〜と飲んだたりとかね、試合の練習もしゃがんでヤンキー座り。やる気無いみたいで、ず〜とこうしてました」
(そうなの?)
「はい」
(偶然会ったの?ホントに)
「偶然お会いして、で私は料理の鉄人の森本さんだと思ったんですよ。
”ママ、森本さんがいるよ”て言ったら「違うわよ」」
(似てるかね?)
「似てますよ」
(似てる?)
「そうなんです。それでちょうどお話をして。で食事行かない?って言われて」
(ナンパされて)
「ナンパされて(笑)」

(新山千春からメッセージで)
「はい」
(”夏バテしてないかい?またうどん作ってあげるよ”)
「え?うどん?」
(”あなたのファンの千春より”)
「不味いんですよ」
「(笑)」観客
「新山さん」
(食えない?)
「食えないです。よくないです」

(よく食うらしいね)
「(笑)」
(よく食うらしいんだよ)
「日によるんですけどね(笑)、最近お酢にはまってるんですよ」
(酢に?)
「お酢。お酢は良いですよ。肩凝り無くなったし、もう朝もね目覚めいいですし」
(こんな細かったら何にも肩凝り無いだろう?)
「あるんですって!もう凝り凝りなんですよ」
(若い子今肩凝りなんだよね)
「きっと頭にも良いと思います」

(また細くならないか?)
「(笑)」
(また細くなんない?)
「(タモリさん頭を見て)また薄くなりました?」
(ならない!ならない!)
「(笑)」観客
(ならない、ドンドン生えてきてる)
「うそ〜!ほんとですか?」
(はえるのを抑えてんだから俺)
「(股間を指して)こっち?」
(何言ってる(笑))
「(笑)」観客
「いや〜」
((笑))
「向こうで憶えてきた言葉一つあるんですけど」
(なに?)
「ペンデンホー(?)ていう言葉。スパニッシュ語なんですけど」
(なに?)
「(タモリさんの耳元にささやいて)何俺のチンチン見てんだよ」
(そんなこと憶えなくていい!)
「(笑)」
(アハハじゃない)
「(観客は)まあ辞書で調べてください」
(そう?)
「そうなんです」

(日によってって、新山千春言ってたんだけど
「ああしてますけどね、加奈子ちゃんいっぱい食うんですよ」て言ってたよ)

「いや、でも新山さんが作った物は食べれなかったです」
(不味いの?)
「そうなんです。
で、この間ジャングルテレビ出させていただいたじゃないですか。ほんとはなんか鍋を景品でいただいて」
(あ〜、そうそうそう鍋)
「そうなんですよ、新山さんに鍋あげたんですよ。土鍋はまるっきり家にあったのと一緒だったんですけど、 パスタ鍋もあったんですね。それも大きいから「あげるよ」て言ったら、もうその次の日くらいからパスタ大好きになっちゃって、 失敗したな〜返してもらえば良かったな〜と思って」
(そう?)
「そうなんですよ」

(酢)
「酢」
(どうやって酢、酢ただ飲むわけじゃ無いだろ?)
「梅を、梅と酢を漬けてサワー梅」
(梅と酢?)
「そうなんですよ。持ってくれば良かったですね」
(ちょっと待てよ、梅と酢って梅自体が酢じゃないか?)
「だからダブルのお酢で効きますよ」
(梅に酢入れるの?)
「そう」
(米酢ていうか何酢?)
「ちどり酢っていう何か」
(ちどり酢、それメーカーじゃねえか、それ)
「(笑)」観客
「すいません」
(見たことある、チードル(?)って書いた)
「そうです!そうです!そんなに高くは無いけど凄い飲みやすいお酢なんですよ」
(それを梅干しにかけるの?)
「梅干し、青梅出てじゃないですか最近まで。だからその青梅と一緒に漬けて。お酢一杯買ってきて3本くらいガ〜と入れて」
(入れて青梅を入れるわけ?)
「そうなんですよ。でもロスまで持っていきましたもん私」
(酢を?)
「はい」
(何にかけるの?何でもかけるの?)
「もう全部飲むんですよそれを」
(へぇ〜!)
「氷で割って」
(うわぁ〜)
「美味しいんですよ、皆さんやってください。だってロスに行って飛行機の中でも「薬をやめてお酢を飲もう」ていう本を ず〜と読んでたりとかして、もう洗脳されて来ちゃって。もうお酢、お酢だと思って」

(酢だよ?)
「そう酢ですよ」
(酢は飲めないだろう?)
「飲めるんですよ!」
(酢だよ!)
「飲めない人は体が悪いんですって」
(酢?)
「酢」
(そうか?)
「ご存じ無いです?ホントに」
(俺なんか酢の物食った(むせる))
「(笑)」観客
(あれなんないの?それ飲んで)
「なんあいですよ、もうゴクゴクですよ」
(コップ一杯くらい平気で飲むの?)
「全然飲みますよ」
(梅入れると違うのか?)
「まろやかにもなるんですけど、ただ180ミリリットルを飲んだ方が良いんですって。そうすると効果いいですよ」
(それで肩凝り無くなったの?)
「全然無いです。それであの、韓国に旅行で行ってたんですけど、その時なんかちょっとお酢を持っていくの忘れて しまったんですよ。そしたら帰ってきたら肩凝りで大変でした」
(そう?)
「そうですよ」

(俺結構肩凝りひどいのよ)
「そうですよね、だって朝マッサージなさってましたもんね」
(そうそうそう、凝ってるんだよ)
「じゃぁお酢が良いですよ」
(酢?)
「ホントに」
(梅漬けるの?)
「梅漬けるんです。もう梅が無いんで、イチゴでも」
(もう梅無いの?)
「梅無いですよ」
(梅無かったらどうするの?)
「私、これくらいで1万円で売りますよ(笑)」
「(笑)」観客
(1年分作ったの?それ)
「1年分作ってるつもりなんですけど、すぐにきっと無くなっちゃいますね」
(1日どれくらい飲んでるの?)
「1日もうホント500くらい飲みます」
((榎本さんが肩を触ったので)それ肩凝ってるんじゃないの?)
「痒かったんですよ、うるさいですよもう!」
「(笑)」観客
「なに?」
(500?)
「そうです」
(500って結構飲むね)
「飲むんですよゴクゴク。あとは何でしょう?」

(そのままだと飲めないだろ?やっぱり梅)
「飲めます飲めます」
(飲める?)
「もう全然。千円くれるって言ったら全然飲めますよ」
(え?)
「千円くれるって言ったら」
(なんで千円やんなきゃ)
「(笑)」観客
(そのまま酢ついて飲める?)
「全然飲めますよ。酢の物とか大好きですもん」
(ちょっと飲んでみるかな?酢飲もうと思ったこと無いからね)
「あの、ホントに氷砂糖と何かで漬けるんですよ一緒に。そうすると飲みやすくなるんで」
(あ〜)
「ゴクゴクいけるようなりますよ」

(俺の高校の同級生でカルピスを原液で飲んだ奴いた)
「え〜!もうそんな嫌ですね〜」
(凄い奴。
「何か飲み物ある?」”冷蔵庫にカルピスあるよ”「飲んでいい?」”飲んでいい”
ふっと見たら(原液で飲んでいた))

「凄い。あ、練乳暖めて、友達ん家中学校の時遊びに行ったら練乳親が温めてそのままコーヒーカップで飲まされた事あります」
(練乳を?)
「うん。そしたらやっぱり家族みんなこうでした」
「(笑)」観客
「凄いなこの人達を思いましたもん」
(凄いね〜)
「ビックリしました」
(それも凄いけど酢も凄いよ)
「(笑)」
(いつ頃からやってるの?それ)
「もう、でも3ヶ月くらい前ですかね?」
(何でも、あ、俺はね硬い焼きそばは必ず酢)
「あ〜良いですね〜。ラーメンでも酢」
(いるね、ラーメンに)
「入れますね〜。あとニンニクとね。ガ〜といっぱい入れて」

(ニンニクも入れるの?)
「今日私ご免なさい(笑)、サラダで臭いんですよ」
(いやそうでも無いよ)
「ニンニク食べてきたんです朝から」
(朝から?)
「すいません(笑)」
(凄い健康的だね)
「そうなんです」
(ニンニクどうやって食べたの?)
「ニンニクドレッシングにして食べた」
(そう?)
「(笑)」
(全然匂わない)
「ほんとですか?牛乳一生懸命飲んで。(匂いを)かがないで下さいよ!」
「(笑)」観客
「エッチだな〜もう」
(エッチじゃない(笑))

CM明け
岩城滉一さんを紹介して
「カッコイイですね〜!タモリさんが岩城さんだったと思いながら今お話してました、もう〜」
「(笑)」観客
(年上好みなんだよね)
「そうなんです」
岩城さんの写真が出て
「いや〜!カッコイイ〜!ホントにカッコイイですよね。負けたと思うでしょ?」
「(笑)」観客
(二十歳代の男ってさ、興味)
「無いですあんまり」
(無いだろ?)
「はい」
(聞いたこと無いもんね。やっぱり35以上?)
「そうですね。お父さんより年上でも良いくらいですね」
(そう?)
「はい」
(何で嫌なの?二十歳代の男は)
「え?なんか包容力が無いじゃないですか。
岩城さん、だっていいですよ〜だってバイク
だめだもうタモリさんが見えなくなってきました」
「(笑)」観客

電話がつながり
「もしもし!榎本です〜」
岩城「もしもし」
「キャ、どうも〜岩城さんですか?」
岩城「今ね、テレビ見てましたよ」
「ありがとうございます!どうも〜、タモリさんじゃなくて私を見てたんですよね」
岩城「あの、あれだよ、お母さん紹介してくれなきゃ」
「(笑)私で良いじゃないですか!」
((タモリさん相手と)全然態度が違う)
「(笑)」観客
岩城「加奈子若すぎるんだもの」
「若すぎる?大丈夫、良い物持ってますよ私」
「(笑)」観客
「凄いですよ、評判良いですから」
岩城「え?」
「評判良いですから」
(どこで評判いい(笑))
「(笑)」
(お母さんていくつなの?)
「お母さん45ですね」
岩城「ピッタリだと思うよ俺」
「ピッタリですか?」
岩城「うん」
「いや、でもお母さんのはもう使い古しですから駄目です」
「(笑)」観客
「私は新鮮ですから」
岩城「ひどい事言うねお前」
「ホントですって」

明日のゲストは 岩城滉一さん


中居正広19XX
進行役・タモリ
出演者・久本雅美、安達祐実、おさる

解答者・中居正広

中居正広さんがSMAPとして活動を始めて12年になりますが
過去にどのような発言をして来たかを中居さん自身が思い出して当てるコーナーです

今回は1995年の「Winkup4月号」から出題されました

詳しい内容は省略させていただきます



マネージャー事情聴取 犯人は誰だ!!
あるタレントのマネージャーさんが登場します。そして担当するタレントさんを犯人と設定して
色々なエピソードを話すので、そのタレントは誰かを当てるコーナーです

進行役・久本雅美
解答者・タモリ、中居正広、安達祐実、おさる、ゲストのガレッジセールさん

今回のマネージャーさん 古瀬彩さん 24歳

犯人の事件簿
ロスでピカチュウ事件
ロサンゼルスでピカチュウの格好でポケモンの取材をしていたが気に入ってしまい
食事の時も着ていた。ロサンゼルスの子供が寄ってきたらピカチュウとサインしていた

名古屋にいます事件
先日まで中居さんと先生役でドラマに出ていた先輩によく誘われるが最近よく断る
東京にいても名古屋にいると言ったりしている

夏にコタツ事件
中居さん宅に遊びに行ったら夏なのにコタツが出しっぱなしだった
「正直、浪人生の部屋みたいだった」(犯人)

犯人は・・山崎邦正さんでした



夏休み特別企画 新宿Song for you
毎回決められたレギュラーに対するオリジナル曲を募集しスタジオで披露するコーナーです

今回のテーマは「安達祐実」

1・53歳技術コンサルタント男性・自作カラオケで「大きくならないで」 2・21歳男性"プラッチック"・ギター弾き語りで「だけど祐実」 3・36歳男性・ギター弾き語りで「祐実に恋した4つの理由」

審査の結果1番男性が優勝



曜日対抗 いいとも選手権
今週の競技「夏本番つみつみ帽子2000」
一人の人に帽子をかぶせて積み重ね、もう限界と思うところでストップして5秒倒れなかったら成功

かぶり担当・おさる
かさね担当・中居正広、久本雅美、内田恭子、ガレッジセール

成功数・・2個(7個積み重ねましたが崩れてしまい2個残りました)

月曜日 7個(4)火曜日 2個(7)水曜日 4)
木曜日 (4)金曜日 (12)優勝 
()・・今シーズンの優勝回数



テレフォンショッキング以外のゲスト
ガレッジセールさん(犯人は誰だ/選手権)
山崎邦正さん(犯人は誰だ)
古瀬彩さん(犯人は誰だ)
バラモンさん(中居正広19XX)
ジェニー・ガースさん(エンディング告知(旅行イベント))


翌日へ進む(このリンクは翌日の17:00頃以降有効になります)
いいともニュースカレンダー18(2000年6〜7月)

笑っていいとも資料室へ戻る