今日のいいともニュース
2000年7月24日(月)
今日の出演者タモリ、香取慎吾、柴田理恵、橋田壽賀子、極楽とんぼ
新山千春、周富徳、岸田健作、T3、佐野瑞樹

テレフォンショッキング
ゲストは新山千春さん
金曜 峰竜太さん明日 榎本加奈子さん
宣伝・イベント(下記) 花束・今井雅之さん、飯田譲治さん
   有坂来瞳さんなどから
電報・少数
おみやげ・メモ帳、石けん、LP

宣伝のイベント名「夏だ!台場だ!ホリプロだ!それがどうした夏祭り」

「(拍手)」観客
「カワイイ〜〜」観客
「タモリさん、」
ネームプレートを無造作に置いたので
(ここ!)
「ここですね」
(これ投げ捨てない、ここに)
「(笑)ここにちゃんと置いて」
(ここに置いて)
「はい」
(なんだこのポスター)
「これはですね、今度なんですけど、夏休みと言うことで8月の10日にですねお台場でフジテレビの7階でホリプロの 皆さんが集合してですねイベントを行います。皆さん遊びに来て下さい」
「(拍手)」観客
(お笑いも結構出てる)
「そうなんです、坂道コロコロさんとか」
(フジテレビの7階)
「7階。よろしくお願いします」

(何だこれ?)
「これはですね、お土産持って来ました。千春が自ら買いに行ってですね。
まず金一封差し上げます」
(100万円)
「(笑)」
(なんだこれ?)
「これ凄いんですよ、中身が100万円のメモ帳なんですよ」
「(笑)」観客
「ホントに。めくるたび100万円の札が書いてるのがメモ帳なってるんですよ」
(え〜?開けていい?)
「いいですよ。他にもたくさんありますけど」
(どこで買ってきたんだこれ(笑)わざわざ)
「すごい可愛いんですよ、ほら100万円」
100万円札柄のメモ帳でした
「金持ちじゃないですかこれでタモさんもっと」
「(笑)」観客
(これメモ帳か?)
「そうなんですよ。書けるように使えるんですよ。
そして夏バテしないようにと思って」
(何だ?)
「餃子と、あともう一個、」
(ちょっと待て、石けんじゃないかこれ)
「あと納豆も」
(納豆の石けん?)
「(笑)はい、ぜひ。いい匂いなんで」
(使いづらいな、これ餃子)

「あとはまあ、色々アナログとか」
LPレコードを2枚プレゼントしました
「私が最近はまってるアナログで。ラブアンドソウルってグループのアナログ。 あとカール・トーマスっていう凄いお勧めの2曲なんで」
(アナログってお前レコードプレーヤー持ってるの?)
「はい」
(え!?)
「針の音が凄い良いじゃないですかキュッキュッていう」
(うん)
「あれに凄いなんか」
(え?針の音が良いって何だ?)
「普通のCDだと出ない音がするじゃないですかレコードだと」
(どんな音?)
「あの、こう回すときに、こう絡まった音っていうか、何て言うんだろう?」
(からまった?)
「何か分かりません?」
(失敗した時の音じゃないか?)
「違くて、あのなんかアナログでしか出ない音ってあるじゃないですかこう、パチパチパチていう」
(あ〜あ〜あ)
「あれが凄い好きで」
(そう?)
「そうなんですよ、はい。ぜひお勧めなので」
(でも必ず最近は出すんだよねアナログね)
「多いですよね。すごい好きな人は」
(やっぱ迫力はアナログだよね)
「そうなんですよ」

(これも60年代の服か?)
「はい、最近はまってて60年代が」
(よくこういうの残って売ってるな)
「そうなんですよね」
(どっから探してくるんだこれ)
「アンティークショップに行くと色々昔のものが」
(60年代)
「はい、置いてあって」
(しかもサイズがピッタリのやつよくあるね)
「そうなんですよ」
(コレはず〜と同じやつだろ?)
「(笑)洗濯してきましたから」

花束の紹介で
(青森のおじいちゃん・おばあちゃん来てるよ)
「あ〜!うれしい〜!。なんか言ってたのが、出るときにお花がねって、千春一個も無かったら惨めだって言ってそれで」
(いいお祖父ちゃんとお祖母ちゃんなんですよ)
「そうなんですよね、お世話になっちゃって」
(お祖父ちゃんが作るスルメラーメン)
「はい。美味しかったですよね」
(美味かった美味かったスルメラーメン)
「そう、それを千春がお祖父ちゃんに作ってあげた」
(お祖父ちゃんお祖母ちゃん子なの?千春は)
「そうですよ。もう昔っから」
(昔っから)
「寝るときとかも、お祖父ちゃんとお祖母ちゃんの部屋に行って真ん中に入って寝てましたからね」
(へぇ〜)
「青森寒いじゃないですか。そう、だから」
(ちょっと電報読ませてくれる?)
「(笑)」観客
「喋りすぎ?」
(喋りすぎだよ(笑))
「(笑)」

((電報で)”笑っていいともご出演おめでとうございます。ドラマ「リミット」どきどきしながら 拝見しております”)
「ありがとうございます」
(”またイベント等で会える日を楽しみにしてます”)
「あ、ファンクラブの会員されてる方ですね。ありがとうございます」
(ファンクラブ)
「はい」
(ファンクラブあるんだ)
「そうなんですよ」
(ドラマで怖い役やってるらしいね)
「はい、「リミット」他局なんですけど10時から」
(やってるらしいね)
「はい安田成美さんと田中美佐子さんと」

(あと峰竜太さんのメッセージで
”大人になった千春ちゃんと是非神楽坂で食事をしたいものです”)

「あ〜嬉しい」
(大人になったって、この子さ、)
「はい」
(顔全然変わんないからいくつかよく分かんないんだよね)
「そうなんですよ、だってデビュー当時から」
(デビュー当時いくつに見られてた?)
「15だったんですけど19の役でまずデビューしちゃったんで」
(あ、それで年齢分かんなくなったのか)
「そうなんですよ。それで今だと23とか平気で言われますから。19なのに」
「え〜!」観客
「成人式前なんですけど」
(そうなんだよ。よく言えば凄い顔がしっかりしてるんだよね。 悪く言えば老けてる)
「そう」
「(笑)」観客
「でも老けてるって言われよりも大人っぽいって言われる方が嬉しいじゃないですか」
(大人っぽいんだよ顔が。高校生とかそういう10代の顔じゃないんだよね)
「ホントですか?」
(いくつくらいからそんな大人っぽいの?小学校6年くらいの時大人っぽかった顔が?)
「その時はもう中学生に見られてましたね。だから、」
(身長もデカイしな)
「はい。中学校入ったら高校。で、高校行ったら制服が「お前ヤベエよ」とか言われるんですよ」
(なんでやばい?)
「もう似合わないから、こう何ちゃってぽい」
「(笑)」観客
「「無理ある」とか」
(無理あるのか?青森にも何ちゃって高校生いるのか?)
「いますよ、今凄い何かね、おしゃれな子が青森も多いんですよ」

(今何ちゃって高校生って多いらしいね)
「多いんですよ」
(俺の知り合いが渋谷でカレーの店やってるんだよ)
「はい」
(そしたらそこで普通のOLみたいな服来たのがトイレで制服に着替えて 街に出ていくらしいんだよね)
「ホントですか?」
(そう、何ちゃって高校生)
「気分が戻るんですかね?」
(そいつがね俺と同じくらいの歳でね「昔は逆だったよね?」。そうだよね)
「あ〜」
(昔はトイレで制服脱ぎ捨てて)
「うん」観客
「そうですよね」
(今逆なんだって。何ちゃってがいるんだよ)
「でも私もね、部屋のクローゼットに制服かかってますよ」
「(笑)」観客
「はい、たまに着るんですよ。まだ大丈夫かな?とか鏡にこうやって」
(家で着てるの?)
「はい、たまにこうやるんですけど」
(セーラー服?)
「セーラー服です。セーラー服とあとブレザーだったんで。ブレザーはまだいけるんですけど」
(セーラー服とブレザーって2つあるの?)
「中学校から」
(あ〜)
「はい。中学校と高校用2個かかってるんですけど」

(中学のやつは着れないだろ?)
「いや〜さすがにね無理あったんですけど、その「リミット」で中学生役だったんですよ」
(うん)
「そしたら逆に老けちゃって」
(着ると?)
「はい」
(そういうもんか?)
「髪の毛とか結んだんですよ。そしたら「いや〜これはちょっと新山」とか言われちゃって」
(そう?)
「はい」
(まだ着れるかセーラー服?)
「(笑)」
(俺も着てみたいな)
「(笑)見てみたい〜。タモリさんの見てみたいですね」
(セーラー服姿?)
「うん」
「(笑)」観客
「凄いみたい」
(俺達コメディアン、大体全部格好やってるからね)
「あ〜。看護婦さんとか?」
(もちろん看護婦なんでものは50回くらいある)
「婦長さん成っちゃうね」
(婦長も、そうそうそう)
「婦長に」
(歳から言うと婦長に)
「(笑)」
(何喜んでる?)
「想像しちゃった」

(忙しいだろ今?)
「そうですね、ドラマが結構立て続けに3本」
(少し焼けたのか?)
「ちょっとそうなんです焼けちゃいましたね」
(焼けたよな)
「はい」
(ドラマ3本やってるの?今)
「続けて、今1本なんですけど」
(あ、続けて?)
「はい続いてるんで。
面白いですね、演技」
(演技面白いか?)
「はい」
(はまった?)
「はまりました」
(最初のドラマ、最初やった時大変だったろう?)
「大変でした。何にも分かんないんですよ」
(あれ、そうだよな)
「うん」
(だって大体、テレビドラマって何にも知らないのにいきなり行かされるから)
「そうなんですよ。で、テストとかあるじゃないですか。リハーサル、ドライとか。そういうのも”何?”ていう。 ”え?分かんないし”って」
((観客に向かって)分かんないと思うけども、例えばあなた方が例えば事務所入ってスカウトされまして、 2,3日後にドラマの現場行ってくださいって言われるのと同じなんだよ)
「そうでうすね」
(何が何だか分かんない)
「何にも。そうそっから入るじゃないですか」

(やらなきゃもう駄目なんだよね)
「そうなんですよ。だからデビュー当時の時なんか、もう台本もドンドン削られて行くんですよ。 で、監督が陰でこうミーティングしてて「新山ヤバイな」とか言ってるの聞いちゃって」
(うん)
「15じゃないですか」
(うん)
「もう入ってすぐなのにそんな事を言うなんて!ゴーと泣いて、悔しくて。
お爺ちゃんがお棺に入っていて閉まるシーンで号泣しなきゃいけないシーンだったんですよ。
そこで悔しくて涙出ろ!と思って。たらガーと出てきて。
また「新山ちょっと来い!」て言われたんですよ。何?と思ったら
「新山、よかったよ」(笑)ヤッター!と思って。
それがあってまた仕事しようなて言われて」
(思ったのか)
「はい。言って下さって監督も」
(ほ〜)
「うん」
(それでドラマ面白くなってきたの?)
「そうですね」
(15だからね)
「はい。恋愛のシーンとかあってもまず見れないんですよ恥ずかしくて。そらしてこうやってるし、 ご飯食べるシーンもなかなかこうご飯食べれないんですよ」
(ご飯恥ずかしいのか?)
「はい。セリフを喋んなきゃいけないから、え?食べてもどこで飲むの?みたいな。 口もごもごして喋っちゃいけないってママに言われたし」
(いや、そりゃ違う)
「(笑)」

(そりゃそうと19だろ?)
「はい」
(二十歳だろ)
「そうです」
(今度お前ベットシーンとか出てくるんだぞ)
「そう、絶対もう。一度だけ、キスシーンはまだ無いんですけど、こう男の人の上に大沢たかおさんだったんですけど、上に またがって、こうはだけさせて」
(うお!)
「チュッて」
(新山やったのか?)
「チュッチュッしていくとこあったんですけど、もうね、恥ずかしくて」
(やった?)
「やりましたよ」
(見てみたかったなそれ)
「だけどもう恥ずかしくて」
(バンとまたがるのか?)
「はい」
(セリフ何て言うんだ?またがって)
「で「ごろ〜」とか言うんですよ」
「(笑)」観客
「もうあっつあっつでもう。」
(リハーサルもちゃんとやるんだ、リハーサルも)
「やりました。でもリハーサルの時はそれどこじゃなくて、こうギリギリにチューしてたんですよ」
(胸にチューするのか?)
「そう、胸はだけでこう4つくらいチュッチュチュッチュこう上がってくんですよ」
(凄いな)

「もうどうしよ〜?と思って。とうとうきた新山と思って」
(とうとう来たぞこの時期が)
「はい、ヤバイと思って。もうお父さんとか絶対ね、そういうの見たらびっくりするじゃないですか。 だから、でも手には一応エチケット用の物をいくつも買って持って行って」
(何を?)
「いや、ほら、ガムとかね、持ってたんですよ」
(何で?)
「いや、ほら本番前にチューするとき新山エチケットも出来ねえのかなって思ったらね、」
(新山臭いのか?)
「(笑)」観客
「もう!タモリさん生放送ですから駄目ですよ(笑)」
(それで?)
「それですぐ食べて。終わったらすぐこうトイレ行ってみだして。大丈夫かな?とか」
(やった?)
「はい」
(「ごろ〜」って言いながら。見たかった〜!)
「はい、ホントに」
(出てくるぞ、この1,2年必ず出てくる)
「そうですよね」
(どうする?シーツ掴んだり何かしなきゃいけない)
「嫌だ〜」

明日のゲストは 榎本加奈子さん



ナゾQ夏休みフェスティバル
なぞなぞのコーナーです。夏休みスペシャルで問題考案者自らが出題
コーナー出演者
進行役・タモリ
(出題)・佐野瑞樹
解答者・香取慎吾、柴田理恵、橋田壽賀子、加藤浩次、山本圭壱、ヤスオ(T3)

第一問・10歳小学5年生女性
「外国の人達が集まる高級レストランで「こんな物食べられませんわ」と言った人がいます。
それはどこの国の人でしょう?」

 

加藤浩次さんが正解

問題2・8歳小学3年生男性
「突然お腹をこわしたら病院に行くまでにかかる時間は?」

 

加藤浩次さんが正解

問題3・57歳飲食業女性
「”世界”の真ん中は?」

 

柴田理恵さんが正解

問題4・15歳高校1年生男性
「プレゼントすると罪になる商品券は?」

 

さんが正解




ザ・定番ショー
コーナー出演者
進行役・香取慎吾
解答者・
 柴田チーム・柴田理恵、加藤浩次、佐野瑞樹、橋田壽賀子
 タモリチーム・タモリ、山本圭壱、ゲストの周富徳さん、岸田健作さん

あるテーマが出題されるのでそれの「定番」は何かをフリップに書きます。
チーム内で同じ答えが出ればポイント獲得(2人一致で2点、3人一致で6点、4人一致で8点)

第1問「中華料理の定番は?」
柴田チーム   タモリチーム 
柴田理恵  エビチリ  タモリ   チンジャオロースー
加藤浩次  エビチリ  山本圭壱  酢豚 
佐野瑞樹  エビチリ  岸田健作  麻婆豆腐 
橋田壽賀子 酢豚  周富徳   古老肉(酢豚)
柴田チーム6点、タモリチーム2点獲得

第2問「夏の花の定番は?」
柴田理恵  ひまわり  タモリ   朝顔 
加藤浩次  ひまわり  山本圭壱  朝顔 
佐野瑞樹  水ばしょう 岸田健作  ハイビスカス
橋田壽賀子 朝顔  周富徳   朝顔 
柴田チーム2点、タモリチーム6点獲得

8対8で引き分け



ビフォーアフターコンテスト
進行役・極楽とんぼ
審査員・タモリ、香取慎吾、柴田理恵、橋田壽賀子、ゲストの

1・10歳男性(小学生)5歳の時に女の子が欲しかった母の希望で女装で七五三
2・20歳男性(ニューハーフ)男から女に 
3・23歳男性(ニューハーフ)男から女に 

1番男性の優勝



曜日対抗 いいとも選手権
今週の競技「夏本番つみつみ帽子2000」
一人の人に帽子をかぶせて積み重ね、もう限界と思うところでストップして5秒倒れなかったら成功

かぶり担当・香取慎吾
かさね担当・橋田壽賀子、柴田理恵、加藤浩次、山本圭壱、佐野瑞樹

成功数・・7個

月曜日 7個(4)火曜日 (7)水曜日 4)
木曜日 (4)金曜日 (12)優勝 
()・・今シーズンの優勝回数



テレフォンショッキング以外のゲスト
周富徳さん(定番ショー/ビフォーアフター/エンディング)
岸田健作さん(定番ショー/ビフォーアフター/エンディング)


翌日へ進む(このリンクは翌日の17:00頃以降有効になります)

いいともニュースカレンダー18(2000年6〜7月)

笑っていいとも資料室へ戻る