今日のいいともニュース
2000年7月13日(木)
今日の出演者タモリ 笑福亭鶴瓶 勝俣州和 ココリコ 山口紗弥加、鈴木その子
市川染五郎、糸井重里、西山喜久恵、T3、山中秀樹

テレフォンショッキング
ゲストは市川染五郎さん 昨日 松尾スズキさん明日 宮沢りえさん
宣伝・演劇 阿修羅城の瞳 花束・今井美樹さん、富田靖子さん
   宮沢りえさんなど
電報・少数
おみやげ・

「(拍手)」観客
「よろしくお願いします。これちょっと、来月の」
(え?)
「来月の舞台のポスターなんですけど」
(「阿修羅城の瞳」)
「ええ。結構色んな方、富田さん、富田靖子さん」
(ホントだ、よろしく言っといて下さい)
「ええ」
(いつ?いつこれ?8月3日から?)
「大阪、3日大阪初日で東京は17日から」
(東京が、大阪が早いんだ)
「はい大阪先です」
(へぇ〜)
「今稽古中なんですけど」
(時代劇)
「はい時代劇」
(こういうのは(ポスター写真)まだ稽古前に撮るわけでしょ?)
「そうですね」
(ポスター)
「ええ」

((花束紹介で)あれ何?日生劇場9月やる)
「これ9月なんですけど、こっちもあの、こっちは新作歌舞伎で荒俣宏さんが書いた新作歌舞伎」
(何て読むの?)
「ええと、「 」」
(長いね)
「(笑)長いですけど。父が演出するんですよ初めて」
(おお、ホント?)
「はい」

(電報来てる)
「ドラえもん(電報)」
(ドラえもん
”体の調子はどうですか?膝腰(ひざこし)は大丈夫ですか?稽古開始は13時からです。急いで帰って来て下さい。富田靖子”)

「(笑)」観客
「(笑)そうなんですよ、毎日」
(今日、もうやってるの?)
「1時から」
(1時から?)
「ええ」
(もう12時14分なっちゃったけど)
「そうですね」

(膝腰って悪いの?)
「いや、て言うか、やおや舞台、傾斜の斜めの舞台なんで、あのそれが結構腰とか膝とかそういう立ち回りとかたくさんあるんですよ、 また」
(そう?)
「もうけたたましく動くんで」
(腰来てる?)
「ちょっと、腰っていうか全体的に」
(疲れてる?)
「ええ(笑)」
(やおや舞台って言うんだこういうの)
「そうですね、あの傾斜の」
(これ皆さん知らない、あのこうやって画面を写してこういう物(置かれている物)写すとき見えにくいから こう、こうやる(斜めにする)んですよ。「やおやにして」て業界で言うんですよね)
「うん、うん」
「おぉ〜!」観客
「(笑)」観客
(別に気使わなくていいのよ)
「(笑)」観客
(八百屋さんてみんなこうなってるじゃない、こういう風に野菜。それでやおやにしてって 言うんだよねあれ)
「そうですね」
(あ、歌舞伎から来た言葉なんだなあれな)
「え?」
「(笑)」観客
「いや、それは違うと思うんですけどね(笑)歌舞伎では無いですね」

(歌舞伎から来た言葉って結構あるよね)
「結構ありますね」
(普段使ってる言葉でね)
「ええ、あの「どんでん返し」なんて前ちょっと流行りましたけど」
(どんでん返し)
「ええ」
(あれも歌舞伎?)
「「大どんでん返し」とか流行りましたけど、どんでん返しって舞台がこうあって、ここにバック(背景)が描いてあるじゃないですか。 ここ(バックの前)に立ってこっち(更に前)が客席だとすると、ここに立ってこういう風に変換するんですよ。ココに次の場面の絵が 描いてある。垂直に転換するのどんでん返して言うんですよ」
(あ、そうか)
「ええ」
(回るやつは違うんだよね)
「回るのはまあ普通の転換ですけど」
(どんでん、そっから来た、どんでん返し)
「とかね、ありますね結構」
(あと何があるかな?)
「ええと、........ハァ(大きなため息)」
「(笑)」観客
「(笑)」
(疲れてるね相当。ねえ)
「(笑)」
(疲れてるね(笑))
「煮詰まってますね」

(立ち回りそんなに激しいの?)
「立ち回り激しいですよ。でも決まったらカッコイイですからね」
(でも、あの歌舞伎の立ち回りとは違うの?もっと激しいの?)
「もっと激しいですね。まあテンポがやっぱり早いですからね」
(あ〜)
「なかなかね、音楽もガーンて」
(何人くらい?2,3人で立ち回りあるの?)
「いや、もう十人くらいの立ち回りが結構」
(何ヶ所もあるの?)
「もう撫で斬りにズバズバズバと」
(へぇ〜。「ハァ!ハァ!」って言う終わったら?)
「ええ。でももうべらぼうに強いんで、フンフンて感じでもうハイハイって感じでやらなきゃいえないんですけど、まだ今ハァハァ 言ってますね(笑)」
(慣れるからね何回かやってると)
「慣れはあるんじゃないですかね」
(終わった後もその後すぐセリフが)
「セリフがありますし、立ち回りの中でセリフがあったり。チャリンチャリン、何とかかんとか、って」
(大変だね)
「はい結構」

(ヒゲ剃り跡がきれいだね)
「(笑)」観客
「(笑)全然違うじゃないですか」
(きれいだよね。いやいつも俺ヒゲ剃り跡が凄い汚いの俺なんか鏡で見ると。きれいだよね)
「(笑)」
(電気でやってるの?)
「電気ですね」
(電気?)
「はい」
(良いよな〜スッとしてるもんな。
石けん?石けんやってる?)

「え?」
((染五郎さんがタモリさんを見ていたので)好きなの?俺)
「いやいや(笑)」
「(笑)」観客
(凄いずっと近づきそうだったから)
「いやいや」
(石けんのあれ?)
「いや電気の」
(キスするの?)
「違う(笑)」
「(笑)」観客
「違います(笑)」
(いや、今俺がやってるのは石けんで電気だよ)
「石けんで電気って何ですか?」
(泡、泡泡)
「(笑)」観客
「え?泡だとT字のやつじゃないですか?」
(違う違う、泡やって電気でやるやつ)
「泡でも電気あるんですか?」
(そうそうそう。これ一番深剃りが効く)
「それ知らないですね」 (それじゃ無くてもそんな綺麗に剃れるの?え?あらま〜良い出来だね肌)
「(笑)」観客

(相変わらず白いよね)
「そうですよ」
「綺麗!」観客 (あれが染みこんでるんだろう?やっぱり歌舞伎のあれ(化粧)がずっともう)
「そういう事は無いと思うんですけど(笑)」
「(笑)」観客
(いや絶対染みこんでるよ)
「それは無いと思うんですけど」
(あれ取れないよ、俺2,3回塗った事あるけども)
「そうですか?」
(うん)
「陽に当たらないですからね、まず」
(何で?夏とか海行ったりなんかしようと思わないの?)
「思わないですね」
(え?アウトドア)
「前小学校の時1日外にいて、泳いでてプールで泳いでて真っ赤になって熱だして風邪ひいちゃって。風邪ひいたって言うか 熱が出ちゃって。火傷みたいになっちゃった全身。だから、」
(それからもう出ないの?)
「駄目ですね、もうだから半袖もあんまり着たくないですね」
(半袖も嫌なの?)
「うん」
(海とか良いよ)
「まあ泳ぎはあんまり得意じゃないんで」

(スポーツは?スポーツやんないんでしょ)
「スポーツ、野球は好きなんで、まあやれれば年に1,2回やれるくらい何ですけど。野球は好きなんですね」
(稽古と舞台ばっかり?)
「そうですね」
(何かやんなきゃ駄目だよ)
「何かね。」
(何かやんないと)
「でも舞台で汗かくのと普通のスポーツで汗かくのと違うじゃないですか」
(違う違う違う)
「だから何かしたいなとは思うんですけどね」
(何かやっぱりなんあなと。日焼け止め塗ってでも何かやった方が良いよ)
「日焼けですか?」
(いや、日焼け止め)
「え?」
「(笑)」観客
「あ、日焼け止め塗って」
(好きなの?)
「(笑)違う。なんでそう(笑)」
「(笑)」観客
(何か近づいて来るからさ)

「前そうそう、今井さんとドラマやった時にちょっと白すぎるって言われて」
(白すぎるよホントに)
「それで焼きま、あの、」
(焼き増し?)
「(笑)」観客
「焼きましたけど、その機械で。なかなか焼けないんですよねあれ」
(機械は、)
「何十回も行きました。30回くらい行きましたよ」
(それでも焼けない?30回行って焼けないの?)
「それでまあ普通に」
(なるくらい?)
「白く、色白じゃ無くなるっていう程度しか焼けなかったんですけど。
もう今は全然戻っちゃいましたね」
(そんな酷くなるんだ火傷みたいに)
「火傷みたいになりますね。機械でも火傷みたいになりますよね。ヒリヒリヒリヒリして」
(まあ良いけどね、舞台白い方がね。
全部そうか、松たか子ちゃんも白いもんね色な)

「そうですかね?」
(全部白い?)
「全部、」
(一家白いね)
「(笑)」観客
「まあ色白系ですよね一家」
(そう言えば歌舞伎の人で色黒っている?)
「色黒、でも」
(いないでしょ?)
「焼く人もいます。焼いてる人もいますけどね、結構黒い方いますけどね。 でもあんまり黒いと白く塗ってもグレーなるんですよ」
「(笑)」観客
「だから結構気を付けなないといけなかったり(笑)」
(グレーは格好悪いよね)
「グレーは格好悪いですね」

CM明け
(メッセージ)
「はい」
(松尾くんからメッセージで
”小学生の時学芸会でクラスメイトに主役を奪われた悔しさをバネに生きよ”)

「(笑)ありがとうございます」
(奪われたの?)
「これがですね、3年生くらいだったんですけど、ええと「夕鶴」をやったんですよ学芸会で。
やるって言うんでオーディション、ヨヒョウの役を誰にしようか?で、まあ候補が出て僕も出たんですよ。 で(候補が)もう一人いたんですよ。二人残って、じゃぁどっちにしようか拍手で決めよう拍手の多さで。
一くさり読んだんですよ。で、拍手の多さでやったら負けちゃったんですよ僕が(笑)
それでもう泣き崩れました僕その時」
((笑))
「(笑)」観客
(その場で?)
「そう(笑)」
(選ばれた奴は今何やってるのかね?)
「知りませんそんな!」
「(笑)」観客
「(笑)うちの近所に住んでた、住んでた奴で」
(悔しかった?憶えてるいまだに?)
「悔しかったですよ!次がちょうど給食の時間だったんですけどね給食の台にこうやって(台に手をつき体は床にして)泣き崩れました」
「(笑)」観客
「もうそれは凄い憶えてますよ」
((笑)そう?)
「ホントに悔しかったあの時は」
(俺主役やった事あるよ)
「何ですか?」
(舌切り雀の主役)
「舌切り雀の(笑)」
(お爺さん。あれお爺さん主役じゃないあ、違うな。俺主役とばっかり思ってた。違った)

明日のゲストは 宮沢りえさん



ツイてる人にさわりたい
進行役・タモリ
出演・・アンラッキー5(笑福亭鶴瓶、勝俣州和、ココリコ、山口紗弥加)

ツイているという人に登場してもらいレギュラーがその人を触ってツキを分けてもらおうというコーナーです

1・ミスコンに選ばれちゃった・21歳男性
   ミスハツカイチ・コンテストが男女問わずの募集になって応募したらミスターハツカイチに選ばれた
   ミスハツカイチの女性2人も登場
2・一日でオオクワガタ7匹も捕まえた・38歳男性
   市価30万円程度のオオクワガタなど7匹を捕獲した




Mrビジョアル系
「最近ビジュアル系の綺麗な男性が増えておりますので、俺も美しく変身したいというある男性の有名人に 変身してもらっています。完全なメイクをして完全なフォトグラファーを付けまして写真が出来て おりますので、それを誰か当てていただく」(第1回目の時のタモリさんの説明より)

今回は「糸井重里さんが"美人銀行員"をテーマに女装していました




あなたと私の愛ことば

進行役・遠藤章造
解答者・鶴瓶チーム(笑福亭鶴瓶、遠藤章造、勝俣州和)
    タモリチーム(タモリ、山口紗弥加、田中直樹)
出題者・西山喜久恵さん、山中秀樹さん

第1問 アナウンサーががよく使う言葉
「ピーコ」とは何?

答えは「緊急ニュース」・・通信社から報道局へ緊急ニュースが届くときに鳴る音から

第2問 アナウンサーががよく使う言葉
「ぶらさがり」とは何?

答えは「大勢で囲んで取材をすること」




曜日対抗 いいとも選手権

今週の競技「夏本番 ウキウキ浮き輪リレー」
二人三脚のように足を結ばれた5人の体を浮き輪を往復させるゲームです

勝俣州和→遠藤章造→笑福亭鶴瓶→山口紗弥加→田中直樹→紗弥加→鶴瓶→遠藤→勝俣

タイム・・32秒

月曜日 47秒(3)火曜日 34秒(7)水曜日 34秒(4)
木曜日 32秒(4)金曜日 (11)優勝 
()・・今シーズンの優勝回数

テレフォンショッキング以外のゲスト
糸井重里さん(ビジョアル系/エンディング)
西山喜久恵さん(愛ことば/エンディング)


翌日へ進む(このリンクは翌日の17:00頃以降有効になります)
いいともニュースカレンダー18(2000年6〜7月)

笑っていいとも資料室へ戻る