今日のいいともニュース
2000年2月22日(火)
今日の出演者タモリ、中居正広、久本雅美、北村総一朗、おさる
KORN、キャイーン、プリンプリン、中井晴哉
住友優子、野島健児、WithT、内田恭子

テレフォンショッキング
ゲストはKORNさん 昨日 神田うのさん明日 SILVAさん
宣伝・小学生ダンス教室KOOLEEZ 花束・多数(下記)
電報・少数
おみやげ・コート、ワイン、ゲームソフト等

花束は 飯島愛さん、神田うのさん、島崎和歌子さん、本田泰人さんなどから届いていました

「すいません」
(いっぱいまた持って来ていただいて)
「あの、じゃぁまず行きます。ええと、ワイヤプラ(?)って僕の友達の洋服屋さんからタモリさんに」
(ありがとうございます)
「L.Aのギャングスタイルのコートなんですけど。まさにタモリさんならもうバッチリ」
(そう、俺普段はこういう格好してるんですよね)
「そうですよね」
「(笑)」観客
「まさに。
それとあの、今度僕がちょっと今プロデュースやってます、高井戸クラブというところでKOOLEEZという小学生のダンスのダンス教室を プロデュースしてますんで」
(そうなの?)
「ええ、やってるんですよ。よろしく」
(高井戸?)
「ええ、タモリさんだったら小学生の中で」
(大丈夫?)
「(笑)」観客
「バッチリやります、よろしくお願いします」
(あそこの高井戸でやってるわけ?)
「高井戸クラブってね、オシャレなレストランがあるんですよ。それが凄い倉庫みたいなとこで。割といつもそこで飲んでるん ですけども」
(へぇ〜)
「それとアムニスから、アムニスワインを」
(ありがとうございます)
「どうぞ。
そして私が今ちょっと音楽担当してます、私の歌とか入ってるゲームソフトなんですけど。
「えんがっちょ」って言うんですよ」
「(笑)」観客
(そう?)
「えんがっちょ。「えんがっちょ」ってタモリさんも子供の頃」
(ええ)
「えんがっちょ切ったとかやりました?」
(ええ、やりました)
「それなんですよ」
(へぇ〜)
「私、ゲーム終わると私のポンと出てきますので」
(ああ、そうですか)
「ええ。
そしてサウスパークって今、」
「カワイイ!」観客
キャラクターの人形が多数出てきました
「アニメがアメリカのアニメがあるんですけど、私このシェフの声をやってます。シェフの声をやってまして、」
「カワイイ!」観客
「これが4人なんですけど、もう一人カートマンてデブがいるんですけど、これが4人でやって、 私がこのシェフって声やってるんですよ。これ押すと(人形が喋りました)なんか喋るんですけど。これ2つ持ってるんで 一つ差し上げます。以上、」
(袋もいただいて)
「どうぞ、すいません」

(花がね、多いの)
ステージ上に飾りきれずロビーにまで並んでいました

(電報来てますよ)
「はい」
(”シェフ、笑っていいともご出演おめでとう。いつも腐りかけの材料を 使ったご飯ありがとう。これからもおいらを可愛がってね。カートマン・リリコ”)
「あ、このカールマンの声をやってるリリコさんて、深夜なんですけど」
(ホント?)
「これはあの、歌も大友康平くんとかが唄ってたり」
(おお)
「キッチュが声やってたりとか」
(そうなの?)
「ええ、芸能人の方もやってるんですよ。よろしくお願いします」

(うのちゃんからのメッセージ)
「はい」
(”近いうちにハッピーパーティーしましょうね”)
「あ、もう是非いつでもパーレーパーレーで。
うのとは結構あれしてるんですよ」

(太ったな)
「太りました。はい。おかげさまで」
(顔つき全然違うもんね)
「(笑)」
(どうして?)
「ちょっと太っちゃいましたね」
(よく食うの?)
「ええ、食いますね。なんかこうやって見るとウルトラマンのスラッガー」
「(笑)」観客
「こうやって飛んで来そうですね」
(顔違う人みたいになったよ)
「でも何か暖かみのある感じに。自分で言うなっつの(笑)」

「今日はオール地毛でやって、」
(オール地毛、あ、二人ともオール地毛です。
地毛の人大体似たような(髪型))

「ええ。オール地毛で」

(ダンス教室っていつ頃からやってるの?)
「ええと、もうこの前始めたばっかりなんですけど。あの、小学生のやっぱりリズム感をね。今小学生が無いんで。 それであの、やっぱりあの、英語より先に体を何かこう**みたいにしちゃおうじゃないか、リズム感とかをね」
(うん)
「それで子供から始めた方が良いんじゃないかって事でやってるんですけども、ええ、結構、」
(そうなんだよねあれ、何かアイススケートとか言うのは子供はすぐ憶えるらしいね)
「憶える、それとスキーはやめてても思い出すんですよ2,3年やんなくても。でもゴルフって駄目じゃないですか」
(駄目。駄目駄目)
「ゴルフ」
(1日で違う)
「1日やんないとまた」
(分かんなくなる)
「ええ、そいうのありますよね」
(ダンスはどうなの?)
「ダンスはね、あの一回やっちゃうと憶えるんですよ。だから一回上下運動とか、そういうのだけやって、いつもうちの子供なんか ご飯食べてるときもこうやってリズムを音楽かかってればリズムを取る」
(へぇ〜、しょっちゅうリズムとる?)
「しょっちゅう。音楽が無いとウンチャカウンチャってやると、勉強しながらこういう風になるんですよ」
「(笑)」観客
(ウソだろう)
「いやホントですよ」
(そういう風に仕込んでるの?)
「条件反射にしちゃってるんですよ、だから」
(へぇ〜。リズムが鳴ると)
「もうオリオリオーって言うともう、こんなんなって踊り出しちゃう」
「(笑)」観客
「大変なんですけども」

(あれ先天的な物があるの?)
「ありますね。あの、子供達見てるとこの、先天的にこいつはリズム感が良いとか、こいつはちょっと鍛えれば凄い奴になる とかっていうのが、同じ歳でもこんなに違いますからね」
(う〜ん)
「で、親がやっぱりその、そいう音楽を聴かせてたとか、そういう人間の方がやっぱり動きは良いですよね」
(そう?)
「ええ」
(ちっちゃいときから音楽に)
「そうです、リズム帯を(口で演奏)そういう奴を聞かせた方が。やっぱりその、あとはもう、裏ビートって言ってアフタービートって 言って裏のビートをとれる踊りが」
(ビックリした、裏ビデオって言うのかと思った)
「(笑)」観客
「いや(笑)裏ビデオはまだ早いですよ」
(早いよね(笑))
「ええ。そうなんですよ」
(裏と言うのが、これ日本人が難しいんだよね)
「そうなんですよ。裏が。何かこの前テレビでやってた、沖縄の沖縄民謡が裏を取るリズムらしいんですよ」
(ああ)
「だから、」
2人で沖縄音楽を唄っていました
「編集しといて下さい、ここ」
「(笑)」観客
(そうだね、沖縄民謡は)
「だから沖縄のアクターズから出た人間とかは、」
(あ〜小っちゃい頃からあるんだ)
「小っちゃい頃から、もちろんアメリカの曲もいっぱいかかってるんですけど、その沖縄民謡にルーツがあるんじゃないかと」
(はぁ〜はぁ〜)
「という事を私見て。」
(他は他の日本は全部頭だもんね)
「ええ」
(ドン、ドン、ドン)
「ドン、ドン、1,2,3,4,なんですよね。だからその裏をこうとる踊りをやらせると。だからうちは」

(農耕民族はしょうがないらしいよ、あれ)
「そうですか?」
(麦踏みから来てるらしいんだ)
「(笑)それじゃ、」
(あからあれウンパ、ウンパって踏めない)
「あぁ踏めないですね、跳ねられないんですね」
(で騎馬民族は三拍子らしい)
「あぁなるほど」
(八分の六とか)
「うん」
(馬がタカタン、タカタン、タカタンて)
「だから違う踊りだったら良いかもしれないですよね。あの、サルサじゃなくてもワルツとか」
(ああ)
「そういうのだったらね」
(だから沖縄って色々出てくる)
「うちは「はいさおじさん」とかかけまくってますよ今。沖縄民謡」
(うん)

「あと高円寺なんですけど出身が」
(うん)
「その杉並区の」
(高円寺!)
「阿波踊り」
(阿波踊りじゃない高円寺)
「いろはれん何ですよ私、いろはの三味線やってたんですよ」
(そう?いったよこの間)
「そうですか?」
(うん高円寺行った)
「凄いんですよ、徳島からももうみんな来ちゃってて。
でも長い歴史があるんですけど、昭和3年くらいから始まったんですけど。
小っちゃい時からジャンカジャンカジャンカジャンカ聴いてる」
(聴いてるんだ)
「ええ。大沢よしゆきも3つ下なんですけど高円寺でやってたんですよ」
(え?大沢よしゆきやってたの?)
「佐野元春は同級生なんですけど、」
(佐野元春もやってたの?)
「佐野元春はやんなかったんです」
(やんなかったの?)
「ええ」
(どっちが良かったのかね?)
「大沢よしゆきやってましたけど、はい」
(へぇ〜)
「だから、で、大槻ケンヂ高円寺なんですよ後輩なんですけど」
(そうそう)
「あいつはやってないですね」
「(笑)」観客
「いつも高円寺こうやって(手を上下に振って)歩いてます」
「(笑)」観客
((笑))
「「KORNさん、KORNさん、」何であいつこうやるんですかね?」
(こうやるね、あれ(笑))
「ええ。「KORNさん、KORNさん」てね、人なつっこいんだか怖いんだか分かんないんですけどね」
「(笑)」観客

(子供達段々それのアフタービートを教えてると憶える?)
「はい。憶えます。もうホントに、あれ?この子がこんな踊りできたかな?てくらい憶えますね。子供は早いですよ」
(うん)
「凄く早いんで」
(うん)
「だから自分が今度昔の踊りを思い出してやると、もうへたるんですよ2分くらいで今。年も年なんで。 でも頑張ってやってるんですけどね」
(うん)
「ただ、ドンドンドンドン今子供さん達をそうやってリズム感付けようって親が。
これ自閉症とかもやっぱり関係してくる。水泳とダンスってのは自閉症が無くなるってよく言うんですけどね」
(そう?)
「ええ。うちも両方やらしてるですけど」
(水泳とダンス?)
「ええ、水泳とダンス。あと沖縄民謡と」
(沖縄民謡)
「阿波踊りと」

明日のゲストは SILVAさん





ひとり来るのかな?
毎回テーマに沿った事で来週アルタに決められた条件の人を募集します
前回の募集テーマ「一芸が出来るOL

1組登場

次回のテーマ「体のサイズがB()cm,W()cm,H()cmにより近い女性」
協議の結果
「体のサイズがB88cm,W58cm,H86cmにより近い女性」に決まりました
この条件に該当する方は2月29日にアルタ前に集合してください。



マネージャー事情聴取 犯人は誰だ!!
あるタレントのマネージャーさんが登場します。そして担当するタレントさんを犯人と設定しての 長所短所などを発表するので、そのタレント名を当てるコーナーです

コーナー司会・久本雅美
解答者・タモリ、中居正広、北村総一朗、おさる、ゲストのプリンプリンさん

今回のマネージャーさん 中井晴哉さん 28歳

犯人の事件簿
朝から苦情事件
2人組の犯人の大きい方は非常に朝が弱くて目覚まし時計7個をセットしているが
7個でも起きられず、その音がうるさいとの近所からの苦情で目が覚める

トイレットペーパー事件
大きい方は潔癖性でトイレに入るとトイレットペーパー1ロール使ってしまう。
また30分くらい入っている。「あそこが僕のオアシスですね」(犯人談)

涙の路上事件
物凄く仲の良い2人。普通コンビはプライベートではつき合わないので
小さい方が普段会うのは止めようと言ったら大きい方が泣き出してしまった
「好きです。本当に好きです」(犯人談)

犯人は・・キャイーンさんでした



帰ったきたラブレターの世界
以前行っていた通りの内容。視聴者が受け取ったラブレターを公開します
審査員に一人5点与えられ点数をつけます。1点につき千円が贈られます

コーナー司会・中居正広
ラブレター朗読・住友優子、野島健児
審査員・タモリ、久本雅美、北村総一朗、おさる、内田恭子、キャイーン

1通目
カップル共通の後輩女性からの手紙
省略させていただきます

その後・・
賞金・・・2万4千円




曜日対抗 いいとも選手権
今週の競技「防災週間直前企画 足ツボマットリレー」
デコボコになったゴムマットのコースを水の入ったバケツを両手に持って一周ずつリレーして5人の合計タイムを競います

1回目・中居正広→久本雅美→北村総一朗→内田恭子→おさる

北村さんが転倒してバケツの水をこぼしてしまい後の2人が空バケツで走ったので無効、再レースとなりました

2回目・中居正広→久本雅美→北村総一朗→おさる→内田恭子

1回目タイム・・48秒(無効)
2回目タイム・・35秒

月曜日 50秒(0)火曜日 35秒(2)水曜日 (1)
木曜日 (1)金曜日 (3)優勝 
()・・今シーズンの優勝回数




テレフォンショッキング以外のゲスト
キャイーンさん(犯人は誰だ/ラブレターの世界)
プリンプリンさん(犯人は誰だ)
中井晴哉さん(犯人は誰だ)


翌日へ進む(このリンクは翌日の17:00頃以降有効になります)
いいともニュースカレンダー16(2000年2〜3月)

笑っていいとも資料室へ戻る