今日のいいともニュース
2000年2月14日(月)
今日の出演者タモリ、香取慎吾、柴田理恵、橋田壽賀子、極楽とんぼ、日高よう子
柱谷哲二、愛河里花子、シャルロット・チャーチ、WithT、佐野瑞樹

テレフォンショッキング
ゲストは柱谷哲二さん
金曜 水前寺清子さん明日 徳永英明さん
宣伝・ 花束・コシノジュンコさん等から
電報・少数
おみやげ・

「よろしくお願いします」
(よろしくお願いします。
見てみると背高いですね)

「182センチ」
(あっそんなに?)
「はい」
(細いですね、それでね)
「痩せましたよ、でもこれで」
(そうですか?)
「はい」
(82で何キロあるんですか?)
「72キロくらいですね」
(体脂肪率)
「7%くらいです」
「え〜!」観客
「でも井原とか中山とかもやっぱり7〜8ですよね」
(7,8って凄いんですよ)
「はい」
(10以下ってほとんど脂肪がないと思って良いんですよ。細いですね〜)

((花束が)来てますね〜。スカイパーフェクトTVとか来てますよ)
「ええ、今あの、セリアAやってますんで。中田の試合とか名波の試合を解説させてもらってます」
(コシノジュンコさん)
「ええ、好きなんですよ」
(え?)
「コシノさんの服が」

(水前寺さんのメッセージで
”柱谷さんと一緒にいると心優しくなります”)

「あ〜」
(電報も来てます。ドラえもん電報が来てます
”笑っていいともご出演おめでとうございます。今年は是非仕事ではなくプライベートでベルディの応援に 来て下さい。サポーター席にも乱入してください。今年もよろしく。ベルディサポーター・・・”
ファンの方来てます)

「全然あの、ベルディの試合行ってなかったんでね。」
(そうですか)
「別の解説が多くて」

(7%ちゃ凄いですね)
「まぁでも太る暇無いですねサッカーは」
(そうでしょうね、運動量がね)
「はい。大体平均で11キロくらい走るんですよ。90分で。でも今は中田英くらいなると13キロ近く走るってデータ 出てますね」
(そんなに走ってるんですか?)
「はい」
(さっきゴール決めたときやってましたけどね)
「ええ。良かったですね、ちょうど解説だったんですスカパーの方で」
(あそうだった?)
「はい」

(今運動は何か他やってるんですか?でもやらないと太るでしょ?)
「いや逆に痩せたですね」
(どうしてですかね?)
「食べなくなったんですよね」
(辞めると?)
「はい」
(お腹減らないんですか、辞めると)
「いや減るんですけども、選手の時はその、目一杯食べないと体保たないんで無理矢理食べてたってあったんですよ」
(そんなに食べるんですか?選手の時は)
「ええ」
(何食ってた?やっぱり焼肉だとか?)
「やっぱり多かったですね肉は。肉食べないとちょっと燃えないってのがありまして」
(そう?やっぱり戦闘的ならないのかね?肉食べないと)
「ええ。先輩にそれ言われましたよ。「魚は駄目だ」とか」
(魚駄目?)
「うん」
(サッカーに魚駄目。)

(これでも、俺以前から思ってたけども物凄い名前ですね)
「ええ、ほとんど、」
(柱谷)
「はい」
(哲二ですからね)
「(笑)」観客
(谷の中に柱が立って、哲二っての凄い。これどなたが?お父さん付けたんですか?)
「そうです、はい」
(強くなるように?)
「そういう事でしょうね、はい」
(柱谷ってのも珍しい名前ですよねこれね)
「もう全部親戚です」
(そうでしょうね。早口言葉になりそうだね)
「(笑)」
「(笑)」観客
(柱谷、柱谷って言いにくいですもんね)
「ええ、ほとんど下の名前で呼んでますみんな」
(そうでしょうね)
「哲、哲って。はい」
(兄弟みんな硬い名前なんですか?)
「上兄貴が一人いるんですけど、コウイチですね幸せの」
(全然違うんですね)
「全然違うんですね」
(でも数字はある幸一)
「一番二番、ただ単純に、それだけです」

(サッカーどうですか今?)
「今ちょっと日本代表がちょっと寂しいですね。もう成績も今一だし。若い世代の選手はやっぱり凄く 育てるなって感じしますけどね」
(あれJリーグどうなんですかね?)
「う〜ん、」
(日本代表の国際試合だとみんな見るけども、国内の試合ってあんまり見ないように なって来てるでしょ)
「うん、何かスター選手が出てこないですね何か」
(うん)
「前一時期はやっぱり凄かったですからね。もう本当に何かホントスターになったような気分でした僕も」
(あの頃は凄いですよね)
「どこ行ってもいっぱいなんですよね。ホテルまでバス着いたらバーっているわけですよ。 「ラモスー!」とかね、黄色い声援がバンバン飛ぶんですよ。
僕にだけ太い声で「柱谷!」」
「(笑)」観客
(当時からそうでした?当時から男に人気あった?)
「人気ありましたね。何で俺の時だけ」
(ラモスはやっぱり黄色い声だったですか?)
「ラモスさん、あとカズ、北澤とか。武田とか、みんな声が高いんですよ」

(北澤もそうでした?)
「はい」
(は〜)
「(笑)」観客
(北澤もそうでした)
「北澤も、はい」
(北澤ヘディングのやりすぎてね、)
「そうですね」
「(笑)」観客
「ちょっと来てますよね」
(ちょっと相当来てましたよね)
「目もだいぶ離れて来ましたしね」
((笑))
「(笑)」観客
(それでも(女性の声で)北澤!)
「ええ、「(女性)北澤!」「(太い声で)柱谷!」
「(笑)」観客
(良いじゃないですか、男に人気あるってのは)
「まぁ、でもたまには黄色い声援を欲しかったなってのはありましたけどね」

(しかし女優陣もあのときはかなりサッカーに流れて行きましたよね。サッカー)
「もうおかげさまでもう」
(どんどん来たでしょやっぱり)
「ええ。もう友達になりました本当に」
(どういう訳か女優陣みんなひいて行って、野球の方行きだしましたね)
「ねえ、ちょっと寂しいですね」
(ちょっと寂しいですね。何とかせんといかんですね、これ)
「歯止めを効かせないとねここで」
(流れを)
「やっぱりその、若い選手頑張ってもらいたいですね」
(スターになりそうなの今どっかいるんですか?目つけて、こいつはスターになりそうだなってのは)
「もうでも小野しんじとかねレッズの。彼なんかスター性ありますよね」
((女性声で)小野!)
「(笑)」観客
「(笑)」

(当時低い声だったの誰ですか?柱谷さんと)
「あとね、」
(有名なんだけども、女に人気無かったっての誰だったんですか?)
「松永しげたつさんそうだったですね。ゴールキーパーだった人」
(これも人気無い?)
「はい。あの人も元々声は低いんですけども同じ様な声がやっぱり声援飛んでましたよ」
((太い声で)松永!)
「(太い声で)松永!頑張れお前!」

(あれサッカーも、野球の人に聞くとヤジでハッキリ聞こえて物凄い頭来ることあるって、サッカーでも 相当ヤジ来るんすか?)
「あんまり無いですね。ヤジは、やっぱり試合終わってからたまに、負けると「金返せ!」とか」
(金返せ?)
「ええ」
(じゃぁサッカーファンの方が上品ですね)
「上品ですね結構、はい」
(野球はかなり言うってもんね)
「うん」
(デーブ大久保とか「辞めてしまえお前!日ハムに行け!」)
「(笑)」
「(笑)」観客
(「日ハムのハムの方だ!」て言われた)
「(笑)」観客
「(笑)」
(凄いこと言われたって言ってましたからね。 それで負けると飲みに行くと必ず言われるんですってね)
「ああ、言われますね」
(「何でお前、何であそこでお前カーブ投げさせたんだお前。何でカーブだ」
そんな事無いんですか?サッカーで)

「いや、でもあの夜飲みに行って、やっぱり負けたときとか言われますよね。
一回そのサッカーの**ウエンブリィってあるんですよ。そこでイギリスで僕、痛恨のハンドしてPKとられて負けちゃった んですよ。退場にもなるし」
(うん)
「その時に帰って飲みに行くと「あそこでハンドする奴は許せん!」とか言って絡んでこられましたよ一回」
(そう?)
「はい」
(じゃぁ試合負けた後はなるべく飲まないようにしてる?)
「そうですよね。ちょっと怖いですよね」
(怖いよね、ホントスポーツやってると。だって世界じゃ殺された選手いるんですからね)
「ええもう、お前のせいだって」
(お前のせいだってピストルで殺されたんですよ)
「うん」
(酷いよね)

(またデーブの話なんですけど)
「(笑)」観客
(飲みに行くとそうやって頭来るからって家帰って風呂入ってると、 通りから聞こえてくる「風呂入ってる場合か!」)
「(笑)」
「(笑)」観客
(つらいって言ってましたよ)
「そう」
(スポーツ選手は辛い。)

(サッカーはでも上品でいいですね、そこまではならないですね)
「ええ、そこまではならないですね。やっぱり野球の方がやっぱり熱は凄いですよね」
(でもヨーロッパの方はそいゆう事あるでしょうね)
「いや〜もう凄いですよヨーロッパはやっぱり」
(凄いでしょうね。絡んで来るでしょうね、ヨーロッパの選手あたりは)
「ヨーロッパもそうだし、やっぱり中近東の方も盛んですし。
あっちの方行って試合でもし自分らが勝ったら日本代表のチームがね、勝ったら帰りのバスとか石バンバン飛んできます」
(そう?)
「一回インドネシアで試合前ね、やるときに、入って来るじゃないですか。そしたらタバコの火、ついた火そのまま ビューン投げてくるんです。コインとかペットボトルとかぼんぼん飛んできますよ試合前」
(危ないね〜)
「それでもう、その時引き分けだったんですけど、それでも石飛んで来ましたもん帰り」
(引き分けでも?)
「はい。怖いですよアウェイは」
(アウェイは怖いね)
「ええ」



明日のゲストは 徳永英明さん


21世紀の早口言葉に挑戦 池上季実子ゲーム
視聴者から寄せられた新しい早口言葉に早口の先生の愛河里花子さんやタモリさんを含めたレギュラーが挑戦
選ばれた人が最初に言って次の人を指名して行き言えなかったら失格で外れていきます。最後に残った人が優勝となります

第1問「青巻紙赤巻紙池上季実子」
 1回目・愛河里花子→山本圭壱(失敗で失格)
 2回目・愛河→タモリ→橋田
 3回目・慎吾→橋田→柴田→愛河→加藤(失敗で失格)

第2問「柏市の菓子はしわしわ」
 1回目・愛河→タモリ→佐野→柴田→橋田→愛河→慎吾→佐野→
     タモリ→佐野→タモリ→佐野→タモリ→佐野(失敗で失格)
 2回目・タモリ→柴田→慎吾→橋田(失敗で失格)
 3回目・慎吾→愛河→柴田→タモリ→柴田→タモリ→柴田→慎吾→
     愛河→タモリ→愛河→慎吾→愛河(柴田さんが勘違いして失敗)

第3問「たらば蟹買う宝田明」
 1回目・慎吾→愛河→慎吾(失敗で失格)
 2回目・愛河→タモリ→愛河→タモリ(失敗で失格)




アンケートタイム だんだん減らしまSHOW
コーナー出演者
コーナー司会・香取慎吾
解答者・タモリ、極楽とんぼ、柴田理恵、橋田壽賀子、日高よう子、岸田健作

毎回テーマを決めて、その質問に該当する人を減らしていくコーナーです

今日のテーマ「バレンタインデー」
1回戦
日高よう子 バレンタインデーにチョコを渡した事がある人 89人
岸田健作  過去に本命チョコをあげそこなった事がある人 65人
山本圭壱  今日私(山本)のためにチョコを持ってきた
バレンタインチョコを昨日までにあげちゃった人
−人
14人
タモリ   バレンタイン監督を知っている
マイファニーバレンタインの曲を知っている
−人
10人
橋田壽賀子 ボーイフレンドが他の女性からもらったチョコを一緒に食べた 7人
加藤浩次  手作り本命チョコに思いが伝わるように体に一部を入れた 3人
柴田理恵  女性に本命チョコをあげた事があるか
 女性から本命チョコをもらった事がある
4人
7人目柴田さんの失敗で賞品獲得ならず




ビフォーアフターコンテスト
短期間に急激に変わってしまった人のコンテストです

コーナー司会は極楽とんぼ
審査員はタモリ、香取慎吾、柴田理恵、橋田壽賀子、日高よう子

1・24歳男性(ペリカン便)1ヶ月ざるそばで45キロ減量
2・34歳男性(会社員)1年間カロリー計算した食事で70キロ減量
3・22歳女性(学生)真面目そうな格好からファッションが変身

2番34歳男性の優勝。ホテル日航東京の宿泊券獲得



曜日対抗 いいとも選手権
今週の競技「バレンタンウィークスペシャル 
ハートを射止めろ!ハートストライクゲーム」

体の何ヶ所かにハート形の的をつけた人にボールを投げて的に付いたボールの数を競います
制限時間60秒

的役・・香取慎吾
投げ役・柴田理恵、橋田壽賀子、加藤浩次、山本圭壱、日高よう子

月曜日 21個(0)火曜日 (1)水曜日 (1)
木曜日 (1)金曜日 (3)優勝 
()・・今シーズンの優勝回数



テレフォンショッキング以外のゲスト
愛河里花子さん(21世紀の早口言葉)
シャルロット・チャーチさん(エンディング・・コンサートの宣伝)


翌日へ進む(このリンクは翌日の17:00頃以降有効になります)

いいともニュースカレンダー16(2000年2〜3月)

笑っていいとも資料室へ戻る