今日のいいともニュース
2000年2月4日(金)
今日の出演者タモリ、関根勤、草なぎ剛、千秋、藤井隆、まこと
南こうせつ、藤谷美和子、横山千尋、WithT、大橋マキ

テレフォンショッキング
ゲストは南こうせつさん 昨日 ダチョウ倶楽部さん月曜 北島三郎さん
宣伝・コンサート、CD 花束・多数(下記)
電報・中程度
おみやげ・みかん、CD、グッズ


花束は伊勢正三さん、ANRIさん、沢田知可子さん、山田パンダさん、山本潤子さん、永井美奈子さんなどから届いていました

「(歓声)」観客
「みんな元気ー!」
「元気!」観客
「ちょっと今やりたかったの」
「(笑)」観客
「風邪ひいてない!?」
「ひいてない!」観客
「いいね〜」
(何人かいると思う)
「(笑)」観客

みかん一箱持ってきていて
(おぉ〜お〜)
「私の住んでる大分県のみかんをね。有機栽培で村上さん作ってるの持ってきました」

(ポスター)
「ポスターこれあの、昔私かぐや姫ってフォークグループをやってたんですけど、みんな知ってるかな?」
(いや〜、)
「知ってる」観客
「知ってる知ってる。
そのアルバムが出るんで」
(そうなの?これは?)
「これはね、7月29日野音で」
(野音でやるわけですか?)
「コンサート毎年やってるやつなんですけどね」

(かぐや姫出るの?)
「いやあの、ベスト盤」
(へぇ〜)
「正月に出したのよ。3人で紅白に出たから、じゃぁベスト盤出そうって事で」
(ベスト盤が)
「ベスト盤のコマーシャル。こういうのが出たよって」
(凄いねいっぱい入ってますね)
「色々ね、昔のね、歌が入ってます」
(もちろん”神田川”)
「そうなんですね、”妹”とかね」
(あ、妹入ってる)
「”22歳の別れ”」
(入ってますね)
「”なごり雪”とかね」
(なごり雪も入ってます?ああ、入ってますね)
「ええ」
「おぉ〜!」観客
「知ってるの?」
「知ってる!」観客
「ホント?」
(知ってるのかね?)
「嬉しいな」

「有機栽培みかんね、これ昨日もいだからね、やっぱ青々まだ」
(そうなの?)
「先(切り口)が」
(ホントだ)
「枯れてない。でも温州みかんは最後ですね今はね時期。もうオーラスですね」
「食べたい!」観客
(何でも欲しがんない)
「(笑)」観客

(電報来てますよ)
「ありがとうございます」
(”笑っていいともご出演おめでとうございます。 昨年ボリビアでディアマンテスのアルベルト城間さんと会い、こうせつさんの話で盛り上がりました。 3月に博多でお会いできるようなので楽しみにしております。博多のはるより”)
「あ、これはグループですね南米の演奏なさってる、はるってご夫婦のグループ」
(博多で?)
「ええ。
ボリビアで?」
(ボリビアに行ったの?)
「行ったんだね」
(行ったんだねって、行った?)
「僕は行ったこと無い。僕はあのアスンシオンとかパラグアイとか行ったことあるけども、ボリビアは行ったこと無いですけど」
(へぇ〜)
「そこで会ったんですねアルベルトと」
(あ、そうかそうか)
「ええ、そうそうそう」
(このハルさんが会ったって事)
「ハルさんが会ったっていう事ですね」

(ダチョウからメッセージで”ヤァー!”)
「(笑)」観客
「それだけ?」
(”また語り明かしましょう”)
「ヤァーだけ」
(ヤァーだけ)

(変わらないですねオイチャン)
「そうかな?」
(全然変わんないんよな)
「そうかな〜?いや、もうね来てるよね」
(どこに来てる?)
「腰にも来てるしね、ええ」
(いや変わんないよね、いい年なんですよ)
「(笑)2月でね、51かな」
「え〜!」観客
(そうでしょ、若いよ変わんないよ)
「これ(髪の毛)は僕のだからね」
「(笑)」観客
(俺のだって僕のだからね)
「ちょっと、僕のだから」
タモリさんに髪の毛を引っ張らせました。タモリさんに持たせたまま後ろに後退してカツラじゃなく 自毛だと言うことを証明していました
「(笑)」観客
「ね」
(俺はちょっとそこまでは出来ない)
「(笑)」観客
((髪が)くちゃくちゃになっちゃった)
「大丈夫大丈夫。もうそういう年じゃないから大丈夫。ええ大丈夫です」
(変わんないよね本当にシワも増えずに)
「いやもうホントにね、」

(腰、腰来てる?)
「腰はやっぱ来ますよね」
(ステージ立ってて?)
「大体2時間くらいやるじゃない。そうするとやっぱりちょっと来ますよね。 何かこう、あんまりリズムのある曲をやると良くない。静かにこう」
(やっぱり立ってるだけと全然違うんだ?)
「違う」
(こうやって動くのと)
「動くのと違うよね」
(ギタリストってね、腰が意外と悪いんですって)
「あ、ホント?」
(うん。布袋さんが言ってた)
「あ、じゃぁ間違い無いわ」
(布袋さんが、ギタリストは無理な体勢でひくからなんだって)
タモリさんがギターを弾いている真似をして
「(笑)」観客
(大体ギタリスト腰悪いよねって言ってたもん布袋さん)
「ほんと?」
(間違いない)
「あれ、でもテレビっていうか画像で見てる限りはみんな格好いい気で言うと凄い良いスタイルじゃないみんな、 弾いてる時こうやったりとか、こうやったりとか。体に良いような感じがするんだけどね」
(でもあれ腰に来るって)
「あ〜」
(ギタリストは)
「重いからねこれ(ギター)がね」
(布袋さんデカイもんね)
「あ〜そうですよね」

(他きてない?)
「あとはね、まぁ朝が早いんだよね」
((笑))
「何か知らないんだけどね、何でかな?3時に寝てもね、大体そうですね今ですと7時くらいには」
(目さめちゃう?)
「ええ」
「え〜!」観客
「凄い早いんですよね。あれが情けないですよね」
(3時に寝ても7時頃)
「7時にはもう目が。それでもうやることが無いから」
(家族は?)
「え、」
(それ家じゃなくても?ホテルでも?)
「ホテルでも」
(ホテルで7時に目が覚めてもやること無いでしょ?)
「やること無い。テレビをつけてもそう盛り上がるわけじゃないからね」
「(笑)」観客
「だから窓から夕陽を見たり、あ、夕陽じゃない朝日だ」
「(笑)」観客
「鳥を眺めたりね、そういう楽しみはしておりますけど」

(そうなんだあれね、俺なんかほとんど地方に行かないけどね)
「ええ、ええ」
(年に1回か2回この「笑っていいとも」の旅行会があってね、 それで軽井沢に行くわけですよフジテレビの。
土曜日終わって行くから大体夜中過ぎに着くんですよね、夜中過ぎに着くけども、 やっぱりどういう訳か地方の方が早く目さめるのね)

「そうでしょ。妙にどっか興奮してるんだよね」
(何か興奮してるのかね?)
「うん」
(でもう眠れないから、テレビつけるんだけども、 また地方のテレビのいうのがまた珍しい事やってて)
「(笑)」観客
(これがかえって面白かったり何かするんだよね)
「そうそう。妙に引き込まれる」
(こんな事やってるのか?とか)
「あるある」
(変な、ドラマやったりなんかする、再放送の。 超能力少女何とかとかやってた。朝からそれ見ちゃたり何かするんだよ)
「(笑)そうそう。そうなのよね」
(そうなんよね、あれ)

「だからね、その過ごし方がね、この間ね、あ、そう良いこと考えたベットのところ足を掛けてね背筋を鍛えようと 思ってね。そしたらもう続かないね。背筋、腹筋を」
(うん)
「あの狭い中で一人でやるってのは何か、誰かが「頑張って!」とか「よく10回もやったね」とか言われると何か、 じゃぁあと5回やります。とかあるじゃない
(そうだね、そうそう)
「誰も見てないで一人でやってると何か寂しい〜、だんだん寂しくなっね、もう何かそれで神田川唄うと寂しくなっちゃって」
「(笑)」観客
「一人では厳しい」
(あれはね、スポーツクラブでもね、やっぱり人が、俺一人でやった時ね、 「ロッキー」とかかけてるのよく分かるよ)
「あ〜」
(あれだとね、こうなってくれるんだけども、 俺行ってたスポーツクラブは、今辞めちゃったんだけど、人がお客が少ないのよ。 だから従業員が自分の好きなカセットかけちゃのよ)
「あ、それも、」
(何か段々沈んできてやる気なくしたのはあれですよ......
すぐど忘れしちゃうね)

「うん、そうそう、それも起きる」
(長渕剛ライブってのがあった。長渕剛が悪い訳じゃないけど何となく頑張ろうって 気にならないよね)
「あ〜」
(ライブだと)
「そういう意味ではそういう所の音楽とか、そういう人間に刺激を与える物って凄い大事ですよね」
(うん)
「前漢方のお店に行った時にもやたらうるさいロックがかかって」
(漢方?)
「漢方薬を売ってるお店に。それも(激しいロックを表現)」
「(笑)」観客
「で、ご主人」
(漢方薬でロックかかってるの?)
「で、ちょっとまぁ顔色がこうせつさん悪いからって事でね、きちんと整体をちょっと時間あったらってやるんだけど、 "ちょっとご主人悪いけども、それをもうちょっと癒しのね、鳥の声とかそういうのにしていただけますか?"って言ったら、 クラシックとかね」
(うん)
「そりゃやっぱり場所によって音楽ってのは絶対、人間にとって必要だから」
(漢方薬でロックつうのは凄い)
「きてましたよ」
(大好きなんだ)
「そうだと思うんだよね。
だから音楽ってのは本当に大事ね、その場所によって」
(やっぱり向き不向きちゃんとあるからね)
「うんあるからね」

(最近音楽的にはずいぶん変わってきた?自分の)
「そうでも無いかな?まぁアコースティックギターが大好きだから、だからそうですね、あの割合ルーツ系って言うか 魂の古里系。だからインディオの音楽とか、あるいはアイリッシュ、アイルランドの音楽とか。いい人がいっぱいいるんですよね。 その方向から見ると凄い何かまた、新しい境地行ってますね」
(あ〜、分かるねそれ。だから色んな音楽聞くようになるよね)
「もの凄く聞く、うん。もういっぱい」
(最近、最近聞いてるのパキスタン、インドとか聞くもんね)
「あ〜、あっし行っちゃってるの?」
(うん)
「(笑)」観客
「ありゃまた寂しいね」
タモリさんと南こうせつさんの2人でちょっと唄いました
「(笑)」観客
(CDに2曲しか入ってないんですよ)
「(笑)」観客
(長い長い)

月曜日のゲスト 北島三郎さん


技ありゴールド
レギュラーメンバーである課題に挑戦します
その課題を全員がクリアできたら「賞品」が獲得できます。
もしも全員が成功できなかった場合、その賞品はマネージャーさんが獲得します

挑戦者・・関根勤さん、草なぎ剛さん、千秋さん、藤井隆さん

今回の課題「カプチーノアートで"リングを作る"」
エスプレッソに温めたミルクを入れて絵を描くカプチーノアートの基本で、
ミルクをリング形(満月型)に入れる課題でした
先生として、イタリアのコーヒーサービスの専門職国家資格を日本人で唯一持ち
1985-7年の3年連続ジェラード国際大会で優勝した横山千尋さんが登場

今回の賞品「京都新福菜館ラーメン」

練習して番組後半の本番までに出来るようにならなければいけません



日本全国お名前パラダイス
コーナー司会・草なぎ剛
プレゼンター まことくん
解答者 タモリ、関根勤、千秋、藤井隆、ゲストの藤谷美和子さん

全国の名産品や商品名、店名などダジャレで名称がつけられている物の名前を当てるコーナーです

1・東京都町田市・リラクゼーション用品の製造販売「株式会社クリーンパック」のエアー式携帯枕
  「ネコロンブス」
2・岐阜県東白川村・村野特産品販売「つちのこ館」のシソのジュース
  「しそしそばなし」






年齢不詳しかま君クイズ
コマーシャルで有名な関根勤さんのマネージャーの"しかま君"が登場
5人の人物が登場しますので、しかまさんと同じ年齢の人は誰かを当てるコーナーです
昨年まで25歳当てでしたが、しかまさんが26歳になったので26歳当てになりました

解答者は 関根勤、草なぎ剛、千秋、藤井隆、まこと
しかまさんは風邪のため休み

今回は4人の男性と1人の女性が登場しました
内容は省略させていただきます




わざあり 本番
オープニングコーナーで出された課題の本番です

今回のテーマ「インド舞踊で"基本ダンス"」
今回の賞品「仙台みそラーメン」

草なぎ剛 ○ 
千秋   × 
藤井 隆(×)
関根 勤 − 
2人目千秋さんの失敗で賞品獲得成らず



曜日対抗 いいとも選手権

今週の競技「鬼を蹴散らせカンフーますタワー」
積み上げられたマスを一つずつ抜いていっていくつ取れるかを競うゲーム
制限時間90秒

参加者・草なぎ剛→関根勤→千秋→大橋マキ→藤井隆

合計数・・9個

月曜日  5個(0)火曜日  6個(1)水曜日 10個(0)
木曜日 10個(0)金曜日  9個(2)優勝 水・木曜日
()・・今シーズンの優勝回数

テレフォンショッキング以外のゲスト
藤谷美和子さん(お名前パラダイス)
横山千尋さん(技あり)


笑っていいとも資料室へ戻る

増刊号へ進む(このリンクは日曜日の17:00頃以降有効になります)
月曜日へ進む(このリンクは月曜日の17:00頃以降有効になります)

いいともニュースカレンダー15('99年12〜'00年1月)
いいともニュースカレンダー16(2000年2〜3月)